薬の副作用からの解放!?音響療法ってどうなの!?私の体験談

イーマサウンド

薬の副作用からの解放!?音響療法ってどうなの?私の体験談

イーマサウンドという、身体のエネルギーを底上げする音響療法の調律師を初めて1年以上経ちました。

実は私、昨年2018年の9月に突発性ネフローゼ症候群という診断を受けて36日間の入院を余儀なくされました。
発症したのは8月に行った初めての北海道でロードバイク旅行の初日。でも診断されて入院したのは約1ヶ月経ってからでした。何もしていないのに体重は10㎏増えていました。

その診断をされるまで、足が異常事態かも??ということ以外は何も分からずに北海道を走っていました。
セブンスターの木、ケンとメリーの木、青い池、五郎の家、富田ファーム、四季彩の丘、かんのファーム、ニングルテラスなどなど3日間で約200㎞を走行!
ロードバイクを終えて荷造りしてからはらーめんや「天金」、旭川動物園、雪の美術館、そして日本初の商店街で素敵な雑貨屋さんを散策。
もうそれはそれは楽しかった・・・でもなんかよく分からないけどとにかく足が!!!
足を指で軽く押すとまるで粘土!指の型がくっきり残るくらいぶよぶよしていることを3日目に発見。

それでも腎臓の異常からきているものだとは分からず。。。ひゃーーー!!!っていう心の叫び。笑

旅行から帰宅してから4つくらい病院や治療院を回り、やっと判明。
「見つけてくれて良かった〜〜」という安堵感。
そこまでは良かったのですが「今日から2ヶ月程度の入院が必要です」と担当の先生に言われて、「えっ!?」と思わず大きな声が。
緊急事態ですと半ばビビらされて慌てて自宅に帰りその日の夕方から入院しました。

入院は正直きつかった。そりゃ足が治るのはホッとしました。
ですがちょうどその時イーマサウンドの「心理シリーズ」を学び(北海道から帰ってすぐ、むくみまくっている身体のままセミナーに行きました)、すごく楽しかったんです。学んだ日から調律のレベルが格段に上がるものだったので さあこれからだっていう時。早く実践したい。色々な仕事をしている最中で、病院から一歩も出れないのはあらゆる面で八方塞がりになりました。ちょっと長い復活までの道のりが始まりました。

ネフローゼ治療、初体験

治療は、ネフローゼ症候群に有効とされているステロイド治療。昨日までは朝から晩まで動き回っていたのにいきなりベットから動けない、点滴の針が地味にひたすら痛い、副作用で精神的に不安定になり泣けてくる、毎日睡眠薬を処方してもらわないと眠れない、肌が荒れた、病室のうるさい患者さんのストレスで血糖値が上った、点滴の大きな機械がめちゃ邪魔、そして夜の腎臓科は怖い(患者さんが高齢化しているのと透析治療など大変な治療をしているので、よくうめき声が聞こえてきました。大きないびきとかも。笑)

それなりに辛かったけれど順調に治療は進みました。

さすが病気を見つけてくれた病院です。入院時の状態が結構ひどかったので即日入院でお世話になり、治療の効果があり入院時のむくみは徐々に取れていき感動しましたが今思えばそこにステロイドの副作用による体調の変化や悪化が重なっていたことがきつかったです。あんなに毎日のように体調が変わる経験は初めてでした。体重だけで言っても入院時と退院時で15kgほど変わりました。
外出禁止、毎日の検温・検尿・体重測定・食事制限・45mgから50mgのステロイドを投与され、CT検査やエコー検査や血液検査や検便などもこなし3週間ほどでむくみも数値が落ち着きました。そして腎生検という山場の検査も順調に終わりホッとした日から、毎日1kgずつ体重が減っていく恐怖。3食しっかり食べているのにですよ。

ステロイド(副腎皮質)の成分の一日の必要量は約3mg。45mgって死んじゃうよ!という心の叫びは当然どこに届くわけでもなく、ひたすら調べては体力が尽きて寝る、の繰り返し。

腎生検が終われば、退院に向けて数値を見ていくことと正式な病名を確定すること以外にやることってないんです。
ステロイドの量は減りませんでした。そして鈍器で内側から打たれるような頭痛や腹痛や体の痛み。物忘れや抑うつ状態。「こんな身体で退院か」と思うと絶望的で泣けてくるくらい。

回復していけた理由は?

イーマサウンド調律師を一緒にしている先輩や友人や仲間や母がお見舞いにきてくれたり、話せたのが救いでした。退院してすぐに代替療法としてイーマサウンドの調律をしてもらいました。そうしたら私の身体はスカスカで、スピーカーから身体へ入っていく音をバキュームのように吸い込むこと吸い込むこと。笑

そうして徐々に元の身体に戻っていき11月にはマカオにも行きロードバイクで奥多摩の山も登りました!!良い思い出です。

私は身体を良くするのはエネルギーを上げることが一番大事だと思っています。疲れやストレスが続くと身体のエネルギーは下がります。そうすると気づかぬうちにいつ病気になってもおかしくないくらい免疫力は下がります。私のように疲れが取れないなーなんて思いながら頑張り続けて、急に病気になったりします。自己管理でどうにかなる領域かライフスタイルを変えたり人の力を借りたりする必要があるかの判断までしてくれる人はなかなかいませんよね。

正解がないだけに、良い情報を得ていく。これに尽きると思います。西洋医学は風邪や熱などの原因のウイルスを取り除く対処療法として利用するのは効果的だと思いますが、強い薬には強い副作用が伴います。長く続けるものではないと思うのです。そして悪いところは切り取るという技術は素晴らしいのかもしれませんが、人の身体の機能は複雑に関わりあっていることを考えると、切り取ることによって別の場所が病気になることも考えられます。予防は長期戦だし効果を感じるのに個人差もあり続かないという人も多いかもしれませんが、予防のための自然療法や東洋医学は日本でもとても広がっています。

「情報を教えてくれる人が近くにいる事」「イーマサウンドの身体への効果」で、私の身体は復活しました。私が誰かにとってのそういう存在になれるようイーマサウンドを続けています。

あくまでも個人的な体験談からの見解ですが

よかったらご参考に。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
イーマサウンド 健康
ryokoiinoをフォローする
りょうこブログ

コメント