モテて当たり前。美人は肌エネルギーが高いのではということ。

モード

モテて当たり前。美人は肌エネルギーが高いのではということ

先日初めてのマカオに行き、スマホを人生初のiphoneに変えてアガっています!

旅行や仕事が忙しい場合など、なかなかできないスキンケア。私はコスメ好きなので、今まで色々なスキンケアコスメを使ってきました。ヘアメイクの仕事用と自分用。デパートのコスメ売り場は何時間いても楽しかった。

今回は、周りから「美人だね」「イケメンだね」と言われたり思われたりする人について。そしてなぜそうなのか。どうしたらそうなれるのか、についてをエネルギーと美容の観点から見て行きます。

なぜイケてる人とイケてない人がいるのか

あなたは人生をどんな風に生きていますか?それは何故ですか?周りからは何と言われることが多いですか?

こんな単刀直入な質問は人間関係を悪くする元になるのですが、今回はあなた流のモテ肌の法則を見つけるため、少しだけ質問にお付き合い頂けたら嬉しいです。

 

まずこちら。

Q.あなた自身や周りの方や芸能人で、肌や爪が綺麗な人を5人思い浮かべて見てください。

その中で「好き」な人は何人いますか?

Q.次に、あなた自身や周りの方や芸能人で、肌や爪が汚い人を5人思い浮かべて見てください。

その中で「嫌い・あまり好きじゃない」人は何人いますか?

これで分かることは、肌が綺麗な人という印象は好きな人に分類されやすく、肌が汚いという印象は嫌い寄りの分類にされることが非常に多いのです。

体質だから仕方ないとか、外見より中身だとか、肌が汚くても今の旦那さんが大好きだしむしろ問題はそこじゃないとか色んな意見もあって良いのですが、今回は芸能人はなんで皆肌がキレイなのか、人の潜在意識の中で何が起きてるのかということも肌エネルギーと共に知っていけたらと思います。

人の心に肌というものは人の気持ちにどんな作用をしてどんな感情を与えるのか。肌が人に与える印象と肌エネルギー、肌に気を使う人の特徴などを知ると、肌の正しい扱い方を知ることができます。

最重要なことだけ書きますがよく肌のためにはまずバランスの良い食事、睡眠。これらはあくまでも美容や健康のために絶対必要な要素の一つにしかすぎません。

美容師の頃から思っていたのは、老け顔や疲れ顔に見える原因はズバリ「しわ・くすみ・たるみ・しみ」これらをカバーできていないことです。さらにエネルギー学やコーチングで人間のことを学び初めていて、外見をも変える「美人やイケメンってこういう法則じゃない!?」ということにも興味が湧いて参りました。

メイクで一番重要な肌作り

まずは外見から。美人感やイケメン感をだすのにとても大事なのは肌感。それは男女共に「乾燥させない。幸せそうな保湿感」です!
もちろん輪郭やパーツごとの悩みも大きいのだけど、特に美人顔の条件は、肌が綺麗なことです。なぜなら顔の面積の中で一番広いから!

10年以上前に嶋田ちあきさんのヘアメイクアップアカデミーを受講して、ちあきさんのヘアメイクのメゾットを教わりました。
生徒同士でメイクし合って、それをちあきさんが修正すると、10秒くらいで本当に命が吹き込まれるかのように可愛くなるんです。そんなちあきさんが一番大切にしていたのが「肌感」でした。それくらい肌が綺麗、肌がイメージどうりっていうのは大切なのです。

肌エネルギーという言葉があります

また人のエネルギーの観点から見ても、肌エネルギーという言葉があります。人の肌は通常ターンオーバーが年齢や加齢と共に遅くなり結果的に老廃物の排出や肌の生まれ変わりの機能が落ち、表皮細胞のエネルギー量が減っていくものです。

赤ちゃんの肌がプルプルなようにもともと肌エネルギーは備わっているものなので、それを活性化させるのが美肌を目指すには一番理には叶っていると言えるでしょう。

そしてこれは心理的なことですが、歳を重ねる中で私たちは生きているというのが実は肌とモテの関係の中では実は重要なのではと思います。

歳をとるにつれ悩みが増えることがあってもそれは当たり前で、それに対応できるコツや自分の演出の仕方はどんな人にも必ずあるわけです。

肌エネルギーを正常にするポイント

肌の老化の原因としては紫外線によるコラーゲンの減少というのはよく聞きますが、個人的な体感としてはスポーツ医学の観点である「筋肉量の低下と、それに伴う代謝の低下」というのも大きいのではないかと思います。そう、筋肉を動かしている人は肌年齢が若い場合が本当に多いです。

また人間のエネルギー体としてみた観点では「非日常の体験はエネルギーをあげる」のです。人は、不安定な時ややったことのないことを初めてやる時はその場と自分のエネルギーは共鳴しません。なので不安で、自分と共鳴できるような情報を探したり、教えてくれる人を探したりします。

そして不安が解消された時、人に良いものとして伝えられるようになります。この繰り返しを止めてしまうとどうなるか。その人のエネルギーは平行線もしくは何かあったらすぐ下がる、といった状態になるのです。

肌に限らず身体や心の話ではありますが、エネルギーが落ちるということは肌を作る血液循環や肌のバリア機能などの動きにも多少関わってきます。

よく「顔色が悪い」「肌の色ツヤが良い」「一肌脱ぐ」「肌で感じる」などと使われるように、肌は外部に対して、自分を表す重要なパーツなのではないでしょうか。

そして肌に関わる臓器としては「肺」です。肺の強化でターンオーバーが正常化し、髪のパサつきや皮膚の乾燥などを防ぐ効果があります。これは漢方医学や東洋医学の考え方ですね。私がクライアントさんを調律する時に美肌になりたいと言われた時は、コラーゲン、肺、解毒、細胞再生の音を使うことが多いです。

そして皮膚や細胞組織、肌のツヤをよくするのにもっとも簡単なのは「水」を飲むこと。炭酸水やベリー類を加えても大丈夫。1日2リットルくらいは飲むと良いです。

また、豆乳やビタミンを取ることも肌の保湿力や透明感をアップさせる効果があります。

肌が綺麗とは、エネルギーが正しく機能してるということの証明

肌はもともと再生を繰り返すエネルギー体であり、心理的なことを映し出すことから、見た人の印象を左右しやすいのです。

肌が綺麗な人はきちんと肌の汚れを落としている、食べて寝ている、休息もとっている。つまり自己管理がうまいという印象を与えます。信頼されやすくなるんですね。

肌が綺麗なだけで清潔感と信頼感と安定感が出ます。特に女性はもともと愛されるために自分のエネルギーを上げるということを知っている人が多いので共感していただける部分があるのではないかと思います。

お金に困らない人や経営者がハンドクリームを塗っている理由もしかり。なんと手を綺麗にしているとお金が入ってくるそうです。

良かったらご参考に。

 

美肌になる洗顔

①クレンジング後たっぷりのきめ細かい泡を顔を包むように乗せる。
手で顔をこすらず、泡で顔をゆっくり洗う。
小鼻やおでこなどついゴシゴシしたくなるけど、しわや毛穴の開きの原因になるので優しく!!!
②ぬるま湯で泡を丁寧に落とす
③冷水と、お湯(42度)かぬるま湯(30度〜36度)を交互にして顔を洗い、最後は冷水で終わらせる
④清潔なタオルで顔を優しく抑えるように水分を取る。

ポイントは、
・手で顔を極力こすらない!
・お風呂で洗顔する時は、先にお湯を洗面器にためておけばぬるま湯になるよ!簡単!
・顔はお豆腐のように優しく扱う!

実はこれだけ。

熱いお湯は皮脂や肌の保湿成分を取りすぎてしまうし冷水は皮膚温度を下げて血流が悪くなり、シミ、くすみ、乾燥の原因になりやすいのです。今の肌の状態が乾燥肌か、脂性肌でも適正温度って変わるし、混合肌だったりもする。

なので基本的にはぬるま湯がベストかと思います。
私が交互洗顔をやる理由は「たまに肌にショックを与えるとハリが出る」から。
2〜3回くらいでOKです。
それと意外に肌の劣化になる「肌摩擦」
アレルギーがあり目をこする、洗顔時やスキンケアに手で顔をこする、寝ている時に枕や布団に良く顔を当てている、メイクで下地やファンデーションをつける時の手の圧力。
これらの積み重ねでも肌は傷みやすくなります。

お豆腐のように触ってあげてください。一緒にすべすべ肌を手に入れましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
モード
ryokoiinoをフォローする
りょうこブログ

コメント